*** ランキングに参加してます(^Q^)   ***
*** ポチッと応援よろしくお願いしま~す♪ ***
   ↓        ↓
FC2ブログランキング にほんブログ村 ダイエットブログへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
*** ランキングに参加してます(^Q^)   ***
*** ポチッと応援よろしくお願いしま~す♪ ***
   ↓        ↓
FC2ブログランキング にほんブログ村 ダイエットブログへ

露出について

前回、絞りとシャッター速度を使って、光の取り込み量を調整することを
露出調整といい、
明るすぎるのは、露出オーバーといい、暗すぎるのを露出アンダーという
ことを勉強しました。

そして、
絞りが小さくした場合、シャッタースピードが遅ければ、適切な明るさになります。
絞りが大きい場合、シャッタースピードが速ければ、同様な適切な明るさになります。
このそれぞれの設定を適切に調整し、見た目に自然な明るさに見えるのが、適正露出と
いうようです。

とりあえず、これらはカメラにお任せでもいいのかなぁっと
思っていましたが、全体が暗い色に占められている場合、カメラが算出する
露出では、露出オーバーになりやすい傾向にあり、薄い色に移る傾向がある
ようです。
その場合は、マイナス補正をし、対応するとよいようです。

また、逆に全体が明るい色、例えば全体が白い色に占められて
いるような場合、カメラの算出した露出では、露出アンダーに
なりやすい傾向にあるようです。
この場合も、同様にプラス補正を行い、対応すると良いようです。

こんなこともあるので、やはりカメラにまかせっきりでなく、
少しは知識を持っていたほうがよさそうですね。







2010.06.21 Mon l デジカメ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://diet10kgdown.blog43.fc2.com/tb.php/1547-46d95ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。