*** ランキングに参加してます(^Q^)   ***
*** ポチッと応援よろしくお願いしま~す♪ ***
   ↓        ↓
FC2ブログランキング にほんブログ村 ダイエットブログへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
*** ランキングに参加してます(^Q^)   ***
*** ポチッと応援よろしくお願いしま~す♪ ***
   ↓        ↓
FC2ブログランキング にほんブログ村 ダイエットブログへ

今までこのブログの記事でもお世話になっているデジカメ。

最近もイベントなどあり、写真を取る機会が多い・・・。
今更ですが、少しでも上手に取ろうと思い、勉強してみました。

まず写真というと、絞りとかシャッター速度とか????
わけのわからない言葉があります。
そんな用語を調べてみました。


絞り・・・光を通す穴の大きさのようです。F値であらわされます。

絞りを開くと、光がたくさん通ります。
光をたくさん通すことができると光を通す時間が少なくてもよくなります。
これが、シャッター速度です。

シャッター速度・・・光を通す時間です。1/1000秒などの表現をします。
         分母が大きいほど、時間が短くなります。

この2つを使って、光の取り込み量を調整することを露出調整という・・・のかな?
っと私なりに理解してみました。

ということで、まずは、絞りとシャッター速度を抑えればなんとかなる!
ということでしょうか。
ちなみに明るすぎるのは、露出オーバーといい、暗すぎるのを露出アンダーというようです。

まず簡単にですが、絞りが小さくした場合、シャッタースピードが遅ければ、適切な明るさになります。
絞りが大きい場合、シャッタースピードが速ければ、同様な適切な明るさになります。
このそれぞれの設定を適切にする必要があるようです。








2010.06.20 Sun l デジカメ l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。