*** ランキングに参加してます(^Q^)   ***
*** ポチッと応援よろしくお願いしま~す♪ ***
   ↓        ↓
FC2ブログランキング にほんブログ村 ダイエットブログへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
*** ランキングに参加してます(^Q^)   ***
*** ポチッと応援よろしくお願いしま~す♪ ***
   ↓        ↓
FC2ブログランキング にほんブログ村 ダイエットブログへ

プログラムをマージしているときの、コード確認中に
起こった話です。。

こんなコードからのお話です。
#if 1 /* ○○処理を追加 */
// ・・・
#else
  ・・・
#endif

「○○処理を追加」しているのにもかかわらずコメントアウト。
このコードからいろいろ想像できます。

想像しても意味がないので、担当に聞いてみました。
すると
担当:「デバッグ用にコメントアウトしています。実際には必要ですが
    現状でこの処理が入っていると、この先の処理に進めないので
    コメントアウトして強制的にこの先の処理に進めてます」

とのことでした。
なるほど!
でもデバッグ用なら、それを示すマークをつけとかないと後で戻すのが
大変だなぁっと思い、まだあるかが気になりました。

「他にもこのようなデバッグコードは埋め込んでるの?」と聞いてみました。

すると
担当:「はい、デバッグするのに結構いろいろと埋め込んでます。」

どうやって戻すのだろうと思い
「このデバッグコードすぐに戻せるように、検索するためのキーワードいれるとかの
 検索手段はいれてあるの?」
と聞いてみた。

担当:「・・・」

~数分間沈黙が続く~

疑問をぶつけてみた。
「もしかして、記憶に残ってないものは動作させながら、チェックしていくしかないってこと?」

担当:「そうですね。でも、・・・(記憶にあるデバッグコードを言う)を消せば、大半は消せるはず」

「でも、残ったのは、消せないんだよね・・・、下手すると動いちゃってるから気づかないかもしれないん
 だよね」

担当:「・・・」

結局完全に消したかどうかを判定するには、すべて動作を確認しながらチェックする必要がある
という結論には代わりがなかった。

ということで、デバッグコードには、マーク(キーワードなど)をいれてもらうように
お願いした。

きっと今後は、作業の効率があがるであろう!
そう期待したい。






2010.04.27 Tue l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://diet10kgdown.blog43.fc2.com/tb.php/1508-e961af36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。